【雑談】9人版の想いよひとつになれ感動した…【ラブライブ!サンシャイン!!】 #Aqours4th上映

aqours-4th-live-ss3

   

新着RSS
【疑問】ところで回復賞ってシールド含まれるの?【スクスタ】
【雑談】イベントUR確定って配布じゃなくて特攻の方だったのかwwwww【スクスタ】
【朗報】渡辺曜ちょっと遅れのバースデーin沼津、10月3日より開催【ラブライブ!サンシャイン!!】
【グッズ】Aqours缶バッジvol.10の予約受付は本日まで【ラブライブ!サンシャイン!!】
スクスタで「未体験HORIZON」配信開始!


Aqours 4thライブ上映会お疲れ様でした



▼Twitterの反応










【関連】【雑談】逢田梨香子さん、想いよひとつになれについて熱く語る【ラブライブ!サンシャイン!!】 #シブヤノオト



少し長くなりますがたまには管理人コメントを…(前置き)

ラブライブ!と言えばアニメとリアルのシンクロパフォーマンスが魅力のコンテンツですが、アニメの一場面として出てきた演出に固執するのもどうなんだろう?という違和感を以前から持っていたんですよね

確かにアニメ作品として描かれたのは8人での「想いよひとつになれ」でそれは確かに存在したものなんですけど、それってあくまで過去のAqours像なんですよね
要するに、この後Aqoursが「想いよひとつになれ」を披露する機会があった場合、それは8人ではなく9人だったのではないか?という思いがあったんですよね
今回披露されたのはアニメでは描かれなかった9人での「想いよひとつになれ」でしたが、決してアニメの文脈を無視したのではなく(尺の都合上)描かれなかったけれど存在していたであろう未来のAqours像なんですよね
今まではずっとリアルがアニメを追いかけるという形でしたが、4thで初めてリアルがアニメを飛び越えていったという意味で非常に印象深いです
これは「想いよひとつになれ」という楽曲に限定した話ではなくラブライブ!というコンテンツの根幹に関わる重要な問題だと思います

感じ方は人それぞれですし、かなり挑戦的な表現だと思うので賛否が分かれるだろうし、9人版が受け入れられないという方も中にはいるかもしれませんが、悪い言い方をするとアニメを追いかけるだけだったAqours、そしてラブライブ!というコンテンツがアニメの先の可能性を見せてくれたのがとても嬉しかったです(個人の意見)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ラブライブ!サンシャイン!! , ,